お助け!建築施工管理の求人6サイト

トップ > 建築施工管理の求人情報 > 建築施工管理は求人数も多い専門職

建築施工管理は求人数も多い専門職

 建設現場に絶対に欠かせない重要な役割が、現場を監督する建築施工管理者です。
必要な資格は施工管理技士という国家資格になりますが、予算やスケジュールの管理、従事者の安全管理など重要な責務を担う立場です。
どんなに小さな施工現場でも現場あるところ管理者ありで、求人数は常に一定数あります。
特に近年、長引く不況を徐々に抜け出しつつある日本では、需要は高まりつつあると言えるでしょう。
主な業務は工程管理や安全管理、施工物の品質管理です。
業務は建築現場で行い、大規模になればなるほど管理すべき事項も技術者数も増えるので計画性が求められます。
工事を発注した側と、実際に施工を行っている技術者との間に立ち、打ち合わせや指導、指示を行う監督業務が主となります。
誰にでもできる仕事ではないので、国家資格を必要とするのも至極当然のことでしょう。


 施工管理技士資格と一言で言っても、その中には様々な種類の資格があり、土木施工管理技士・建築施工管理技士・管工事施工管理技士といった区分に分かれます。
管理技術者として現場に入る際に要求される資格は施工管理技士1級で、建設業者の営業所で専任技術者の役職に就くことができる資格です。
一般建設業においての専任技術者なら2級でも就任は可能。
転職などでステップアップを狙うなら、やはり1級を目指すことが必須となります。
建築現場で常時50人以上が従事する場合は管理者の選任が義務となっていますので、統括安全衛生責任者として資格者が責務を担うのが一般的です。
また、施工前から綿密なスケジュールを作成し、発注側と細かく打ち合わせを行うのも重要業務。
計画や進行に合わせて職人を配置したり、重機を手配したりするのも管理者の仕事です。


 工事現場では、何をおいても計画通りに作業が進んでいるか、毎日徹底管理することが仕事になります。
日程一つ、工程一つ計画と差異が出ることで、品質面や安全面、コスト面につながって来ますので、非常に重い責務になります。
屋外工事では天候に左右されることもありますので、臨機応変に職人や重機を変更し、スケジュールを組み直します。
施工管理者が指揮を執らなければ、現場の統制はまったく取れないことになります。
こうした重要な責任を負う立場ですから、求人も待遇の良いものが多く、有資格者は転職にも有利になります。
少しでも良い条件で働きたい、休日を増やしたいという場合も、もっと大きなプロジェクトに関わりたいという場合も、専門の求人サイトを利用すると良いでしょう。
工期、品質、安全など、施工管理者が守るべきものはたくさんあります。
クライアントと職人たちと力を合わせなければ作れない大きなものを作る仕事ですから、やりがいのある職場を求めたいですね。

次の記事へ

上へ戻る